2017/091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウェーインザライフ

演劇ライフの広告を見て衝動的に参戦を決めたアウェーインザライフ…観に行ってきた。

100605.jpg

ここんとこ観たいお芝居多過ぎてチケット代に散財しているので、立ち見席で我慢。
2列あった立見席の前列・どセンターだったのでむしろ結果オーライだった気もしたり( ̄ー ̄)


【以降ネタバレ含】






























な○き&○近のディラン&キャサリンの如きバカッポーふたりが客席通路から登場。
伊藤明賢さん(←初見の役者さんだ~。)とソニンちゃん。テンション高過ぎです。
客席を巻き込んだ前説のようなプロローグを経て爆音と共にお芝居の主役であるオーバーサーティ(…もしかしてアラフォー?)ガールズバンド「シスターロメロ」のライブがスタート。
やばい。体がノッてしまう(*´∀`)音イイ。重厚~。
それもそのはず、演奏しているのは役者さんではなくほんまもんのミュージシャンの面々。役処的には、マトモな演奏ができない「シスターロメロ」の影武者ならぬ影奏者。
Ba.のアンリ@村上(←芸人さんは敬省略するのが敬意だと思っている)、Gt.のオユキ@小林顕作さん(←このかたも初見だ~。)…明らかに当て振りwww
そして謎の担当「特殊効果」のティアラ@木野花様(←様をつけずにいられないw)に至っては楽器すら持っておらず無表情で背中からスモーク噴射してる始末w
Vo.のレナ@水野美紀さんの代わりに歌っているのは「影Vo.」担当のヤヤ@ソニンちゃんww
ちょいちょい舞台袖から顔出しちゃレナにどつかれて再び袖に追いやられるヤヤw

ライブのスタッフには、押しつぶされそうな程のオーディエンスがその場に存在しているかのような演技をさせ、オーディエンスの声援は音響さんの手によるもの。

まぁ…こってこての茶番ライブだ。

このライブが開催されているフェスは2日あり、翌日の大トリを務めるのは「シスターロメロ」だというが、初日の出演後すでに解散の危機が訪れる。
…正確に言えば、今回のが再々結成ライブだったから再々解散の危機ってことになり。

バンドのマネージャー赤坂@市川しんぺーさん&女優業に勤しんでいたアンリの事務所の後輩…自称「バーター伊藤@伊藤明賢さん」をも巻き込んで繰り広げられる、「シスターロメロ」というバンドの生い立ちと翌日のライブの行方は如何に??

…とまぁ序盤はこんなカンジだった。
(このままの勢いで書き続けたら夜が空けちゃいそうなのでここらで止めてみるw)

この後、日替わりゲストでロッチが登場したり(「10回言って」のネタやってたw)、映像で大槻氏が出演したり、影奏者のミュージシャン御一行様がカタコトの演技を披露したり(あ。なんとも中途半端な女装もさせられてたなww)、裏方さんがちょい役で登場したり、もうなんでもアリな演出と脚本が超わたし好みw

演出の河原さんは去年「印獣」に引き続き2作目。
そして脚本の楠野さんは…初かな?
勿論、お芝居自体も楽しかったんだけど、プログラム寄稿されていた「大槻ケンジとの不思議な関係」…なんか良かった。

キャストについて。
水野美紀さんはアカドクロとは打って変わって「Σ(゚Д゚)こ…こんな女優さんだったっけ???」と思わずにいられない位のハッチャケ振りだった。頭のネジ数本イッちゃってるんじゃね?的な演技から下品極まりない下ネタ系演技(←大好物w)まで、それはもう力強く演じていらして…清々しさすら感じたw
歌が上手いのも知らなかったし。でもって歌声もイイ。ダッシュしたり階段登りながら歌っても息切らさないのは流石だ~(゚Д゚)!

ソニンちゃん観たのは、銀河劇場がまだアートスフィアだった頃の「8人の女たち」以来。…6年前か。(゚Д゚)懐かしいな。
歌めっちゃ上手いしシャキシャキ動くしミュージカル向きの女優さんね。
あの超高音…パンチ効いてるわ~。ラスト、ファンキーさんとのツインドラムも良かった(*´∀`)

村上は今日は「噛みサマ」がちょいちょい御降臨あそばしてたな(^▽^;)
バーター伊藤へのケツキックが身長差故に(伊藤さんちょっと中腰になってたけど)ハイキックに近いものがありw…でもサマになってた。

小林顕作さんは…なにか、こう…じゅんさん(@新感線)を彷彿とさせるムードメーカー的役者さんだったぁ(*´∀`)
丁度、開演前にチェックしていたフライヤーの中に「コンドルズ」なるユニットのイベント情報が混ざってて、気になってたんだけど、そこのお笑い脚本担当のかたみたいね(゚Д゚)!興味津々。

伊藤明賢さんは…ちょっと気を抜くとホンマもんのバーター役者に見えてしまうくらいリアルな演技をw…かと思えば、一転して華々しく歌って踊ってみたり。
一人飛びぬけてタッパがある点でも目立ってた~(゚Д゚)!

大御所・木野様…冒頭の「特殊効果」もさることながら、回想シーンではセーラー服で女子高生だし、サルの気ぐるみで「おサル音頭」歌ってるし…な、何かを超越した存在でしたわ(;´▽`A``
再来月の『月影番外地「ジェットの窓から手を振るわ」』では演出を担当されていらっしゃる…今から楽しみ(*´ェ`*)

最後に、筋肉少女帯の楽曲について。
まぁ有名なのは触り程度は聞いたことあるし、重低音も嫌いじゃない。(むしろ大好物)…けど、ちゃんとCDを聴きこんだって記憶ってのは…うーん。。。o(゜^ ゜)1枚位あったかなぁ?←高校時代
最近では「さよなら絶望先生」の主題歌とか…うん。あれは一時期ハマって聞き込んだな(゚Д゚)b
今、改めて今回使用された原曲を揃えてみたくなった。

comment

Secret

** **  ** **
ごあいさつ
twitter / _pione

当ブログのタイトルは
元気のもと
(Source of Energy)
という意味を込めたつもりが
up主まさかのスペルミスによって
『Sauce of Energy』
としてしまいました。(ドジ

でもまぁ…
間違ったスペルのタイトルも
結構気に入っているので
そのまま使ってます。
詳しくはこちらで 解説してます。


ブログ内の検索は
こちらをご利用ください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
@たまにつぶやくTwitter
@読書メーター
ピオーネの今読んでる本

ピオーネの最近読んだ本
@演劇ライフ
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。