2017/061 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンリー六世

【ヘンリー六世 公演詳細】

100321.jpg


な…長かった(;´▽`A``
いや、わかってて挑んだんですケドw

12:30 開場
13:00 前編 第1部 開演
     休憩(15分)
    前編 第2部 開演

16:45 大休憩

17:45 後編第1部 開演
     休憩(15分)
    後編 第2部 開演
21:00過ぎ位? 終了

うろ覚えのタイムテーブルはこんなカンジ。

観劇中に腹鳴るのはカコワルイので、開場前に王将で腹を満たしてから向かった(*´∀`)マンプックー♪
そして予想通り…スイマーに襲われましたノ▽`;)…前編のところどころでふっと記憶が飛んでしまった瞬間が3,4回位。
ただ、後編はウトウトしている余裕はナッシンだった。

もちろん、前編にも観所はたくさんあったけど、後編を集中して観る為の予習として1部の存在が必要だった。
やっぱり6時間でひとつの作品。
ホントは3部作9時間の作品らしいけど、わたし、それはちょっと耐えられる自信ないwww
わたしみたいな戯曲未読の初心者には丁度良いボリュームだったような気がする。


さて以降はネタバレも含みつつ役者さんのことなども。






























舞台は前後を客席に挟まれて上手出入口と下手出入口を壁で塞いでいて(扉はあるヨ)、ステージも壁も真っ白。
前編・後編通して赤薔薇・白薔薇・白百合を各シーンに降らせることによってその場面が「どっち側」の話なのかの説明になっていたのは解りやすくて良かった。花が落ちる度に「ぽとっ。…ぽとっ。…」っていう音がステージに響いて、ある程度シーンに合わせた量とテンポで降ってはくるんだけど、ビミョーに不安定で、それがなんか気持ちにちょっと揺さぶりをかけてくる効果なんかもあったんじゃないかなぁ?と。
それと、もうひとつ降ってくるもの。肉塊もどき(((゚д゚;)))
舞台上から大きめのフリスビー位の肉塊が降ってくる。その度に「Σびたっ」「Σびたっ」って音が…(((゚д゚;))) 不快すぎるwww

全体的に台詞のタイミングミスってたり噛んでたりした箇所がちょいちょい見受けられたけど…いぁ。それについては何も文句はない。あのボリュームだもん。むしろ、やっちまった感を見せずにすっと元の流れに戻っていくのがプロの仕事だなぁ…(゚Д゚)と感じた訳で。

主演の上川氏。
ひとことで言ってしまうと「わたしの観たい役じゃなかった」…(´・ω・`)
まぁ観る側のワガママな感想なんだけど。
ほんの一瞬「コレダ━━━━━━m9(゚∀゚)━━━━━━ッ」ってシーンだったのは、前編の終盤、妻の不倫が露見していつもはブリッブリの聖人が素で嫉妬の叫びをあげるところ。
やっぱ上川氏はいろんな意味で「強い人」を演じているときのほうが輝いてるっていうか…輝いてる上川氏を観たいんだっっ!
ヘンリー6世という役は儚な過ぎ…ノд`)

対して大竹しのぶ女史は…観所が満載過ぎてどこを切り取って書けばいいのか迷う。超迷う。
前編のジャンヌ・ダルクも良かったんだけど、それが霞んで見えるくらい後編のマーガレットは壮絶だった(^▽^;)
カーテンコールでニコニコしながらお辞儀している小柄なあの女性が、つい数分前には悪魔のような表情浮かべて残虐な台詞を大声で吐いてたんだもん…タマンネェ(*´ェ`*)
後編、ヨークとの罵り合いのシーンとか、パンフにも書いてあったけど「がー(`皿´'')ーっ」vs「ぎゃー(`皿´'')ーっ」ってゴジラvsキングギドラですかっ?って位ww
ついつい後編の凄味の効いた演技に思いを馳せてしまうけど、前編で「ジャンヌ・ダルク」とか、結婚前のマーガレットとか、あとサフォークとの逢引とか…あの「少女~若い女性」の役をやってもしっくりくるって言うか不自然じゃないって言うか…。
ほんと万能すぎて観る度に凄さを感じる女優さんだ(゚Д゚)。

吉田氏@ヨーク…カッコよかったぁ(*´∀`人)←オヤヂ好き
後編なんか特に子供思いの父と野心ギラギラの漢のバランスが絶妙過ぎてツボ入った。(*´ェ`*)

今回のお芝居、若手の役者さんが多彩でダークホースが発掘できるか内心楽しみにしていたんだけど。
自己予想では池内くんかなぁ?…と思ってたら、あのコ…「高岡蒼甫」くんに度肝抜かれたわ。
や、池内くんも舞台慣れしているのか?すごく役に馴染んでいたけど、後編になってぱっと出てきた高岡@リチャード3世は超ハマり役だった(゚Д゚)!
イマドキのドラマとかに出ているコなのよね?観たことないから知らなかったww(ヲイ
ほいでもってさっきたまたま知ったんだけど宮崎あおいちゃんのダンナなんだってねぇ(゚Д゚)意外~。
これからの活躍が楽しみな役者さんだな~。

最後に、総括として。
主人公のヘンリー6世って人は人の上に立つ立場のひとでなければ善良な人として人生を歩めたんだろうけど、王様としてはNGな人だった。人間ってのは罪な存在であるけれど良いところだってある。そういう人間達が国家とか歴史とかの流れに呑まれていく。恋もする。裏切りもある。親子の愛も、その逆も。
そんな「普遍的なテーマ」の盛り合わせ。全体的に(´・ω・`)… セツナイ。

6時間はあっという間に過ぎてしまったけど、当分このボリュームのお芝居はお休みしとこうと思うw
ってか、めったにないかw気にすることナッシンね。

comment

Secret

イロリロ長!w

なんか面白そーなお芝居だね
ものすごい肉塊の記述が気になりました
それだけで掴みはオッケーな感じですよ!
きになるわぁw

肉塊ねぇぇ(^▽^;)ww
大きさは上記のとおりなんだけど
厚みも結構あって
ホントにびたっ・びたっって(((゚∀゚;)))

あとお芝居のプロローグは真っ白な床に大きな血だまりができていて
それを拭き取るところからスタートでしたwww

みもちゃ好きでそ?こーいうのw←マテ
** **  ** **
ごあいさつ
twitter / _pione

当ブログのタイトルは
元気のもと
(Source of Energy)
という意味を込めたつもりが
up主まさかのスペルミスによって
『Sauce of Energy』
としてしまいました。(ドジ

でもまぁ…
間違ったスペルのタイトルも
結構気に入っているので
そのまま使ってます。
詳しくはこちらで 解説してます。


ブログ内の検索は
こちらをご利用ください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
@たまにつぶやくTwitter
@読書メーター
ピオーネの今読んでる本

ピオーネの最近読んだ本
@演劇ライフ
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。