2017/061 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONEPIECE展【裏日記有】

行ってきましたONEPIECE展。

20120522-1.jpg

20120522-2.jpg

ロッポンギという場所にはとんと縁が無くって、実は駅に降り立ったのも初めて。

敬愛するオダッチの作品…原画をあのボリュームで一度に観ることができたのは
かなりの感動。

映像に関しても、「アニメ画」じゃなくて原作の画が動いた感動はひとしおだった。

そして等身大フィギュア達。
麦わらの一味のコミック表紙を再現した作品も良かったけど
エースinインペルダウンはマジで秀逸だった。
思わず座って顔を覗き込んじゃったけど、表情まですばらしい出来だった(*´∀`人)

そして、オダッチがカラー原画を描いているところを撮影した映像。
プロの…いや匠の技を見せて頂きました。


物販ではパンフと図録を購入。

20120522-3.jpg

図録は時間をかけてじっくり読みましょうかね(・∀・)



さてここから先は…
キョーフの…w

真っ黒葡萄ピオーネのグチとイライラの吐き溜めとなっておりますので
苦手なかたはご覧になりませぬようw





























【裏日記】
オダッチの作品群は本当に申し分ない素晴らしいものだったけど
それ以外の…この展示会の企画についてはイラっとしたりカチンときたり
げんなりしたり…わたしが参加したライブ、アート関係のイベントのなかでも近年稀に見るヒドさがあった。

ストレス発散になるかは謎だけど、思い立ったまま書き連ねておく。


チケットの取り扱いがセブンイレブンのみ。
・「ぴあ」で購入したのにサンクスやサークルKで発券できなかった。

前売券購入者と当日券を求める客とが同じ行列に並ばされた。


入場時間の規制だけでなく、会場内は一方通行、逆走禁止。
・まず最初に通された賞金首のポスター展示の部屋は
 次の部屋の映像が1回転すると自動的にそちらに詰め込まれるため
 ゆっくり観ている余裕が無い。
・映像系の展示2種は1回のみ視聴可で見終わると自動的に次のブースに流される。
・映像系を視聴する場所には5人掛けくらいのベンチが2~3コ。
 もちろん座りきれない人は立ち見。
 前に背がデカい人がきちゃうと小柄な人はすき間から観るしかない。

スタッフの客あしらいがウザい。
・スタッフによる展示物の説明が「美術展」というより
 「娯楽イベントの呼び込み」みたいな箇所があって興醒め。
・かと思えばヘンなところで「美術展」寄りな注意や呼びかけもあって
 (原画の閲覧は並ばずに空いているところからご覧下さいと言って急かす)
 ゆっくり観たくて並んでいるのに、(映像を観終わった)次の客が来るから
 並んだところでゆっくり見れる保証はないよ的なことを言ってまで客を急かす

シャーペンでメモ取ってたら注意された
 インク物はNGだってのはマナーとして知っていたけど
 鉛筆にしなかった私が悪かったかな?
 ケータイやカメラの撮影はうるさく注意していた割に筆記具の注意なかったから
 会場をだいぶ進んだ後半でいきなり注意されたのにはびっくりした。

会場全体を通して、休憩(座れる)場所が映像系のベンチのみ。
トイレは展示室にいる間は無し。
途中でトイレ行きたくなった人はどうしたんだろう?逆走禁止なのに…。
子連れのご夫婦や妊婦さんをちらほら見かけたけど、かなり過酷な環境だったはず。

今日は当日券がまだ売り切れていない状況だったにも関わらず客を詰め込み過ぎだと感じた。
休日や祝日、春休みなんかは…恐ろしいことになっていたんだろうな。

物販は現金支払いのみ。カードの取り扱いが無いとか…。

記念撮影用のブースが2階のフロアにあったらしいが特に案内が無くスルーして帰ってきてしまった。
(展示会場は52F、会場からはエレベータで一気に5For3Fに降ろされた)

会場の出口で「ビブルカード」をもらったところ、カードの裏には「"10,000PIECE〟PROJECT」と記されたコードナンバーが…。
帰宅して公式サイトに入力するも「OK」ボタンが反応せず。
本来ならデスクトップの壁紙が貰えるらしいが何の役にも立たなかった。
サイトには問い合わせ先のリンクも無くFAQに記載も無い為なにも出来ず。

comment

Secret

参考になったZ‐ッ

先をこされたか
あちきらも今度行くZ‐ッ
めちゃ参考になったわぁ

Re: 参考になったZ‐ッ

>エセ水木一郎氏
お( ゚ Д ゚ )?君達も行くかね?
4人で行くのかね?
ってことは休日かね?
今更遅いかも知れんが、昼間はガン混み必至だよぉ。
トイレは直前に済ませときな~!

あと、原画がね、上下2段で展示されていたんだけど
わたしの身長で下段が丁度良い高さだったよ。
上段はちょっと見難かった(´・ω・`)
嫁君首疲れそうだ罠。

No title

うわぁ…、なんか美術展としては大事な点がおざなりっすなぁ。
大阪に来たら行けたらなぁと思ってますが、改善されてることを祈ろうw
原画と映像は見たい!!

Re: No title

>のえサマ
ゴブサタしちょります~(*´ェ`*)
多分…今回の展示はロケーションが一番のネックだった気がするのよ。
展示された原画の数が多かったんだけど会場が狭かったから詰め込んじゃって
わたしがよくやる「美術館のソファーでぼーっと座って、客が掃けた一瞬名画を独り占め♥」
的な余裕が皆無だったから。
混むのがイヤで春休みとGWと週末を避けたんだけど
もしかすると昼間よりも夕方から夜のほうがゆっくり閲覧できたかも。
東京が終わったら大阪あたりにも行くんじゃないかなぁ?とは思ってたけど
その時はもっとお客のことを考慮した会場設計にしたほうが良いと思ったよー(´・∀・`)
** **  ** **
ごあいさつ
twitter / _pione

当ブログのタイトルは
元気のもと
(Source of Energy)
という意味を込めたつもりが
up主まさかのスペルミスによって
『Sauce of Energy』
としてしまいました。(ドジ

でもまぁ…
間違ったスペルのタイトルも
結構気に入っているので
そのまま使ってます。
詳しくはこちらで 解説してます。


ブログ内の検索は
こちらをご利用ください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
@たまにつぶやくTwitter
@読書メーター
ピオーネの今読んでる本

ピオーネの最近読んだ本
@演劇ライフ
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。