2017/071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフとエンディングノート

9月に友人から映画のタダ券を4枚貰った。
有効期限は10/15(土)まで、109シネマズonlyの券。
相方と2回映画を観に行けるぞ(・∀・)ってことで、何を観に行くか吟味しているうちに10月になってしまい(←アフォw)あわてて観に行ったのが「ライフ-いのちをつなぐ物語-」と「エンディングノート
あら( ゚ Д ゚ )!両方ともドキュメンタリー。

ライフはCMもバンバン流れてたし、映画ランキングで初週トップにランクインしてたから知名度高いだろうけど、エンディングノートは今はまだ「知る人ぞ知る」の部類かな?

動物馬鹿のわたしにとってライフは無条件で面白い映画だったんだけど、むしろオススメしたいのはエンディングノートのほう。



感想は追記にて(・∀・)ちょっとネタバレもあるよ!






























【ライフ】
感想が短絡的なのは見た人間が無類の動物馬鹿だからw大目に見てやって( ´艸`)♥

一番印象に残ったのはトカゲ!エグい!!w
何がエグいって、1匹の獲物が衰弱死するまで多数で周りを取り囲んでひたすらこと切れるのを待っているその微動だにしない姿www

そして惜しくも次点はチーター3兄弟w
猫科の動物が病的に好きなんだもん仕方ないw
実はあのコ達、ひとりひとりのポテンシャルは若干低そうだったところがまた萌えポイント←ビョーキ出たw

ネズミの俊足ドリフト走行もカッコよかったわぁ(*´∀`人)

昆虫とかカエルとか普段超苦手な奴等も美しい映像でちゃんとみたら愛らしくて←洗脳されてるww
おたまじゃくしを1匹ずつ背中に背負って木を登るカエルの母さんの逞しさには感動すらしたもんな。
まさかカエルに心を打たれることになるとはwww

そうそう、ナレーションが松本幸四郎x松たかこってのもポイント高かったな(・∀・)
ふたりとも声が好過ぎる(*´ェ`*)
テーマソングもぴったり(・∀・)
あの曲書き下ろしなのかな?ちょっとカラオケで歌いたいぞw

実は、途中でちょこっとだけウトウトしちゃったのはナイショの話だけどw
動物好きならきっと楽しめる作品かと(・∀・)b
観終わったら元気ゲージが満タンに回復されてました(*´∀`人)



【エンディングノート】

テーマがテーマだけに観客の年齢層がかなり高くてウチなんか若手のレベルだったけどwwww
それでも口コミで人気が広がっているらしく、劇場は満員御礼でした(*´∀`)
早めに映画館に着いてチケット交換したから最後列のど真ん中(←一番好きな場所♥)getできて観易かったし☆

自分の死に様について考えるのは早過ぎることは無いと思う。
死っていつやってくるのか分からないし。
ただ、それを考える時、ネガティブにならないよう、むしろ楽しんで前向きにやっていけたら、それはとても良い「人生の幕引き」になるはず。
この映画の主人公である監督のおとうさん「砂田知昭さん」は営業一筋で昭和平成を生き抜いた生粋の「日本のサラリーマン」www
死の間際もサラリーマン精神はバリバリに働いており、なにはともあれ段取り命www
その「おとうさん」の心情を監督がナレーションとして代弁する方式で作られた映画。

ちょうどこの映画を観に行きたいな~(・∀・)って思っていた時、「ほぼ日」で特集を組まれていることを知って、プロデューサー兼監督の師匠である是枝氏の話を読む機会があったんだけど、この映画の作り方は邪道の部類だと言っていた。
「身内のドキュメント」
「取材対象の内面をナレーションで語る」
確かにこう字面で見ると「うえっ(-ω-;)」って思うwww
だけど、それが全然嫌味に感じなかったし、むしろ良い味付けであると感じた。
監督とおとうさんの関係、そしておとうさん=主人公の人柄がそうさせたんだよな。きっと。

おとうさんの職業の絡みからか?、かなり古い動画が使用されていたり(←私達の親世代で結婚披露宴の動画が残っているのってレアだと思うのよ)家族のみんながプライベート映像を取り慣れているからこそ、自然体を切り取って集めることができたんだろうなぁ(´・∀・`)
私は写真ばかりで動画をあまり撮らないけど、ちょっとハンディビデオ欲しくなった( ´艸`)w

映画のエンディングで流れた映像を観ていたら…前フリがなければ何の変哲もない映像なんだけど…自分がこれまで経験してきたその景色とシンクロして涙が止まらなかったわ~。
まぁその前にもう顔面崩壊してたけどwwww

近しい人との死別ってのは、基本悲しいものだけど、それだけじゃない。
終りが見えているならば、そこまで精いっぱい楽しもう。
随所に笑いのネタもちりばめられていたし、テーマとはうらはら(?)に後味のさわやかな作品でした☆

comment

Secret

** **  ** **
ごあいさつ
twitter / _pione

当ブログのタイトルは
元気のもと
(Source of Energy)
という意味を込めたつもりが
up主まさかのスペルミスによって
『Sauce of Energy』
としてしまいました。(ドジ

でもまぁ…
間違ったスペルのタイトルも
結構気に入っているので
そのまま使ってます。
詳しくはこちらで 解説してます。


ブログ内の検索は
こちらをご利用ください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
@たまにつぶやくTwitter
@読書メーター
ピオーネの今読んでる本

ピオーネの最近読んだ本
@演劇ライフ
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。