2017/041 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2017/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンブラント展

レンブラント 光の探求/闇の誘惑 国立西洋美術館

早く行こう早く行こうと思いつつ、上野まで出かけるのを面倒くさがってたら…6/12までで終わっちゃうΣ(゚Д゚)!
美術館・博物館の類は基本平日に観に行くことにしているので(←土日祝日、人ごみにもみくちゃにされて観るのがイヤらしい)有休取って行ってきたんだぜ(・∀・)

20110606-4.jpg

今週はくもりが続きます…との予報だったハズが、晴れ女のスキル大・発・動である☆































レンブラントと言えば、美術の教科書(図工だったか?)に載ってる「夜警」が超有名だけど、今回の展覧会には御目見えせず。
どちらかというと油彩よりも銅版画が数多く出品されてた。
銅版画って…高校の時通っていた絵の教室の先生がその道のかただったんだけど、ついぞ体験することなく美術から遠ざかってしまったからなー(´・∀・`)
基本用語も耳にしたことがある程度でろくに理解していなかったので、会場に易しく説明が加えられているのは有難かった~。

2時に入場したはずなんだけど(うっかりロッカーに携帯を置いて行ってしまったので)時間が把握できないまま超マイペースでゆっくり閲覧、時にはソファーに座ってぼけーっと空いてるあたり(←結構な客入りだったのでレアだったけど)を眺めたりしていたら最後の部屋に入ったところで「閉館のお時間が~」的な音楽が流れ出したっΣ( ゚ Д ゚ )!

だがしかし、ここであわてちゃイカンのです(´・∀・`)
閉館ギリギリの客が掃けたところで最後の部屋(=展覧会の目玉)をじっくり観る。
これやるのが楽しみだったりするのよね~(*´∀`人)
ご迷惑ヤローとか言っちゃダメ(・x・)b
警備員さんやスタッフから注意されそうになる1歩手前のタイミングです~っと出て行くのがポイント(^m^)←知能犯

…とまぁ作品の内容に関してはこれっぽっちも書かなかったけどw

展示室のソファーに見本で置いてあった作品のカタログがすごく良かったのでお手頃価格だったら買っちゃおうかなぁ~?と売店を覗いてみたら…Σ・д・ノ)ノ?

2,300円?

20110606-5.jpg

なんか…いいんですか?それ1冊いただきます(*´ェ`*)
あと、恒例のポストカード購入。
フォトフレームに入れて部屋に飾るのだ(・∀・)

カタログとかって、大概4,000~5,000円するもんだと思ってたから意外~( ゚ Д ゚ )
去年観に行った某ザンネンなお芝居のムダに金かけたプログラムよりお安く手に入ってしまった( ´艸`)

帰りの電車でおさらいを兼ねて観てきたんだけど、流し読みでまだ1/3程しか消化してないから、これからのお楽しみってことで(*´ェ`*)

comment

Secret

** **  ** **
ごあいさつ
twitter / _pione

当ブログのタイトルは
元気のもと
(Source of Energy)
という意味を込めたつもりが
up主まさかのスペルミスによって
『Sauce of Energy』
としてしまいました。(ドジ

でもまぁ…
間違ったスペルのタイトルも
結構気に入っているので
そのまま使ってます。
詳しくはこちらで 解説してます。


ブログ内の検索は
こちらをご利用ください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
@たまにつぶやくTwitter
@読書メーター
ピオーネの今読んでる本

ピオーネの最近読んだ本
@演劇ライフ
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。