2017/101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の読書メーター

5月の読書メーター

dokusyo1105.jpg

読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2051ページ

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
叙述トリックにまんまとやられた!後から思い返せば少しずつ違和感を感じる文章がちりばめられていたのに、それこそタネ明かしの1行前まで予想できなかった。そこから一気に回収されていく伏線もさることながら、本作は(古い順に読んできた)伊坂氏の他の作品に比べて読了感にきゅーっと切なさが残るというか…イヤな感じって訳ではなくて、いっそのことだばー!っと涙を流したらスッキリできるだろうけど、そうさせてもらえないというか…そんな独特の終わり方だったことが印象深い。「叔母」が祥子さんだってことはすぐピンときたんだけどな~。
読了日:05月24日 著者:伊坂 幸太郎
本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)
実在する七不思議をタイトルに、一見オカルト的読み物に見せかけておきながら、やはり宮部作品、ミステリ要素を盛り込みつつ「人」を描いた作品群だった。片葉の芦での親子のすれ違いに始まり、切ない人間模様が多かったが、茂七親分の活躍が温かい気持ちと元気を盛り込んでる。現在の積読が落ち着いたら茂七親分が主人公だと言う「初ものがたり」も読まねば。
読了日:05月16日 著者:宮部 みゆき
テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)
前巻の前フリでは陰謀に巻き込まれて身の危険が!?的な雰囲気だったけど、…気付けば浴場の設計士だったはずが温泉街まるごと開発してるし!顧客の満足を叶える為の創意工夫という点で見ると、やっぱりルシウスは「サラリーマンの模範」に見えてくる。まずは仕事が好きでなくちゃ!ってことか。
読了日:05月09日 著者:ヤマザキマリ
テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)
ルシウスが不憫過ぎる(涙)下ネタ多めだったけど、コラムを読むとまじめにお勉強した気分になれるから不思議だ(笑)今回の表紙は高校時代に通っていた絵画教室に置いてあった原寸ミロのヴィーナス石膏像(←私より遥かに大柄)を思い出して、懐かしさが相まってお気に入り度が↑↑
読了日:05月08日 著者:ヤマザキマリ
テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
古代ローマ人と日本人の共通の楽しみが「入浴」って、その視点がすでにツボ。ルシウスの真面目で研究熱心な人柄って、古代ローマ人と言うよりも現代日本の模範的なサラリーマン的。ぃや。古代ローマ人の人柄とか計り知れないけど。そして作者も研究熱心。各話の末尾に掲載されているコラムがマンガをさらに面白く読ませてくれる。奥村編集長の大胆さ、共感しつつも、いざ自分は同じことをできるかって言ったらちょっと自信ない。でも今度機会あったら勇気を出して真似してみるよ!(笑)
読了日:05月06日 著者:ヤマザキマリ
ONE PIECE 62 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 62 (ジャンプコミックス)
魚人系の登場人物の名前が覚えきれない~(汗)パシリにされてるクラーケンがさり気にカワイイ。サンジの発作は若干落ち付いてきたようだけど、一味が大暴れするまでにはまだまだ魚人島内の確執を読み進めなきゃならないカンジ。ケイミーの超天然産のボケは健在。パッパグのセレーブっぷりと容赦ないナミの買い占め…(笑)カバー下、ここの感想読まなきゃスルーするところだった!
読了日:05月02日 著者:尾田 栄一郎
重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ (新潮文庫)
伊坂氏の作品って、文章がお洒落で登場人物が淡々として、なのにほんわか温かい。なんなんだ!このバランス感覚…って読む度に感じ入ってしまう。罪を犯した人に対しての許し方が、一般常識で考えたらNGなんだけど、その一般常識のほうがオカシいんじゃないの?って吠えたくなるような説得力がある。でもその「許し」によって楽になれるのかといったら、両者共に「否」であろうし。父母も兄弟もそれぞれ重いものを背負っているのに芯にある優しさ・温かさはブレない。ミステリ的な謎解きよりも、そこを不安にさせる叙述にドキドキさせられた。
読了日:05月02日 著者:伊坂 幸太郎
海自レシピ お艦(かん)の味 元気が出る! 安くて美味しい力めし海自レシピ お艦(かん)の味 元気が出る! 安くて美味しい力めし
図書館の予約待ちがやっと順番回ってきて借りたのだが、結局買うことになりそう。カレーのレシピをそっくりそのまま真似したいから…とかじゃなくて、カレーのアレンジのヒント集として家に置いておきたい。カレーの他にも和・洋・アジアと試してみたくなるレシピが載ってたし。「いやいやいや…これはちょっとウチではムリ(笑)」ってのもあったけど…誰か作ってくれないかなぁ?(ヲイ
読了日:05月01日 著者:

読書メーター

comment

Secret

** **  ** **
ごあいさつ
twitter / _pione

当ブログのタイトルは
元気のもと
(Source of Energy)
という意味を込めたつもりが
up主まさかのスペルミスによって
『Sauce of Energy』
としてしまいました。(ドジ

でもまぁ…
間違ったスペルのタイトルも
結構気に入っているので
そのまま使ってます。
詳しくはこちらで 解説してます。


ブログ内の検索は
こちらをご利用ください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
@たまにつぶやくTwitter
@読書メーター
ピオーネの今読んでる本

ピオーネの最近読んだ本
@演劇ライフ
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。