2017/091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳先をカットされた猫さま

動物好きの友人がこんなつぶやきを…。

【気になる存在だった野良ネコちゃんが、しばらく見ないうちに「耳が逆三角にカットされていた」】(←要約)

事情を知らないかたが見たら心無い人間による虐待に見えるかもしれないけど、それはきっと地域のボランティアさんによって施された「このコは去勢(避妊)処置が済んだコですよ」という目印。
暇さえあれば猫ブログを徘徊しているわたしにとっては大分前から既知の事実であったが、一般にはまだまだ認知度が低いんだなぁと改めて実感。試しに猫好きだけど超アナログ人間の相方に聞いてみたところ、やはり「知らなかった」との返事。

ふむ。こんな辺鄙なブログだけど、少しでも多くのかたに知ってもらえたら幸いと思い記事にしてみた。

まずはこちらをご覧あれ。
ぐぐってみたらなんとも愛らしい猫さまの画像にHITしたので拝借してきた。
はっちゃん日記より…かわえぇぇええ (*´Д`)♥
7f18692af438a67e127b203437356867-300x300.jpg


この処置、「耳先カット」とか「ギザ耳」なんて呼ばれかたをするらしい。
カットはV字型のほか横一文字バージョンがあったり、他には耳ピアスや糸を付けるタイプもあるらしい。
ピアスや糸だと取れてしまうこともあるから、ネットでの検索の結果を観る限り耳カットが多数派っぽい。
どの処置も手術中の麻酔が効いている時に行い、痛みもなく、術後の経過にも配慮したやり方とのこと。

で、この処置が何の役に立つかと言うと、ボランティアさん達から見て、不妊手術が済んでいるコとまだのコとの見分けを付ける為。
また、「このコ達を見守っている人がいます」という、その地域へのアピールの意味も込められているそうだ。

この活動は一般に「TNR活動」と呼ばれている。
かわいいポスターを見つけたのでちょいと拝借して掲載してみる。
公益財団法人どうぶつ基金より
tnr-1.jpg
tnr-2.jpgtnr-3.jpg
※画像クリックで拡大できます。

地域猫(←野良ネコちゃんのこと)ってのは、ボランティアのかたがたのご尽力でその土地での生活を守られているけど、世の中には心無い人もいるわけで、保健所に通報されて捕獲されたり、悪徳業者によって施設に連行されて悲惨な最期を遂げるコ達が後を絶たないのも事実。

そんな不幸なコを増やさない為にも、避妊・去勢の処置はとても大事なことだと思う。
他猫事ではない。ウチの猫さま達だって元はお三方とも迷い猫、野良猫で瀕死のところを保護されたコ達だから。

ボランディア活動に協力できるような甲斐性が無いのは心苦しいことだが、ウチのコ達を終生可愛がり、ボランティアさん達の活動内容を周知展開していく一助になる記事くらいは書いていきたいと思う。


この記事を書く際に参考にさせていただいたサイト

All About-耳に目印がある猫さんに注目!-
公益財団法人どうぶつ基金-耳先カット猫のお話-
はっちゃん日記
つるみ・地域猫をすすめる会-不妊去勢手術済みの耳の印-
 ↑こちらはサイトをリニューアルして
 つるみ・猫のカギしっぽ としてTNR活動を主に行っているそうです。


ぶっちゃけ、わたしが書いた駄文を読むより↑見たほうが解り易いので(;´▽`A``
お時間あるかたは是非ご覧ください。

comment

Secret

** **  ** **
ごあいさつ
twitter / _pione

当ブログのタイトルは
元気のもと
(Source of Energy)
という意味を込めたつもりが
up主まさかのスペルミスによって
『Sauce of Energy』
としてしまいました。(ドジ

でもまぁ…
間違ったスペルのタイトルも
結構気に入っているので
そのまま使ってます。
詳しくはこちらで 解説してます。


ブログ内の検索は
こちらをご利用ください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
@たまにつぶやくTwitter
@読書メーター
ピオーネの今読んでる本

ピオーネの最近読んだ本
@演劇ライフ
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。