2017/081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月の読書メーター

11月の読書メーター

dokusyo11.jpg


読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1811ページ

別冊 図書館戦争〈2〉別冊 図書館戦争〈2〉
うわぁぁん!柴崎ぃ!よかった手塚とうまくまとまって。柴崎の性格(←意固地で意地っ張りなトコロ限定)は自分とだだカブりなので激しく感情移入してしまった。好きな人に大事にしてもらいたい気持ちと表裏一体の、自分も相手を大事にしたい気持ちを解放することができた…それは意固地で意地っ張りな人間にとってはすごいハードルの高い成長っぷりだと思う。そうそう、緒方さんのコイバナもぐっときたな。こちらのふたりも意地っ張りつながりだな(笑)進藤さんもお気に入りキャラなのでふたりの絡みがここで読めたのは予想外に嬉しかった~。
読了日:11月26日 著者:有川 浩
獣神演武 5 (ガンガンコミックス)獣神演武 5 (ガンガンコミックス)
感想を書こうと思ったけど…ハガレン最終巻と同時発売というハンデを抜きにできない(汗)史明のこととかもっと掘り下げて見せて欲しかったなぁ。紅英の過去とか…なんか消化不良気味。ただ、最後の牛小屋日記のクオリティは楽しませていただきました☆
読了日:11月23日 著者:荒川 弘
鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)
最終回までの内容はガンガンでチェックしていたけど、通しで読み直して再びじ~んっとなってみた。エドとアルは別格として個人的一等賞はグリードかなぁ。外伝は初読だったので感慨もひとしおだった~。この物語でよく語られていた「循環」が良い形で表現されていてほっこり和むお話だった。おまけのエピローグではホーエンハイムのあんなキラキラした顔が見れるとは!巻末の4コママンガのグラマンじいさんVSセリム…あれをあのページにもってくる作者のセンスが大好きだ(笑)年末年始恒例のマンガ一気読み、今年はハガレンに決定だな。
読了日:11月22日 著者:荒川 弘
美しき凶器 (光文社文庫)美しき凶器 (光文社文庫)
「貼り紙」の時点でその後の展開がかなり見えてきたけど、もうひとつの裏での細工はカミングアウトのシーンまで気付かなかった。キーパーソンである人物の人間性の描写が叙述トリックになっているような気がしてみたり。もうひとつ、タランチュラの秘密が明かされた時点で、彼女を止めることができそうな人物もなんとなく予想をつけることができた。…ということで結構先読みはできていたんだけど、スリリングな雰囲気を醸した文章とタランチュラの正に反則技な強さが相まって、さくさく読み進めることができた。
読了日:11月20日 著者:東野 圭吾
死ねばいいのに死ねばいいのに
自分を含め、人ってのは不満に思うことがあれば誰かや何かの所為にして言い訳すること…あるよな。むしろ、全然しない人なんていないはず。最初は各章の登場人物の朗々たる言い訳に「情けねぇなぁ。」と呆れ気味だったけど「3人目。」辺りから読み進めるごとに我が身を省みずにはいられなくなっていた(苦笑)逆に渡来の言い分が正論過ぎて…正論は度が過ぎると異国の言葉に聞こえるわ…でも誰よりも人の気持ちを察することができているのは彼なのよねぇ。ラストの彼の心情に、表現が違うかもだけど「やられた」ってカンジです。
読了日:11月13日 著者:京極 夏彦
1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
村上春樹作品初読。BOOK1だけじゃ謎だらけで何も明かされてないのね。舞台が現実世界なのか非現実世界なのかもわかんない。今年の夏観た野田秀樹氏演出のお芝居とテーマを同じくしている…との前知識があって読み始めたので、隔章の主人公ふたりがどのような立ち位置からテーマに絡んでいくのか興味をそそられながら読み始めた。要所要所にちりばめられているちょっと謎が掛けられている雰囲気を漂わせたミステリアスな文章を目にすると、そこで一旦あれこれ(無い知恵絞って)考え込んでしまって、読むのに予想以上の時間をかけていた。
読了日:11月09日 著者:村上 春樹
ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)
本巻の中盤まではWJをチェックしていたんだけど、どうにもエースと白ひげの死が堪え過ぎて、さらにサボまで悲しいことになったらちょっと耐えられないと思い、しばらくWJ読むのを自粛して喪に服して(?)たんだけど…。あれ?もしかしてサボ、ドラゴン達に救出されてる?期待して良いのかな!?シャッキー姐さんの鋭い女の勘とレイリーさんの上半身にちょっと悶絶(ヲイ)16点鐘のナゾが解明できないままWJには復帰せずに次巻を待ってみる。
読了日:11月04日 著者:尾田 栄一郎

読書メーター

comment

Secret

** **  ** **
ごあいさつ
twitter / _pione

当ブログのタイトルは
元気のもと
(Source of Energy)
という意味を込めたつもりが
up主まさかのスペルミスによって
『Sauce of Energy』
としてしまいました。(ドジ

でもまぁ…
間違ったスペルのタイトルも
結構気に入っているので
そのまま使ってます。
詳しくはこちらで 解説してます。


ブログ内の検索は
こちらをご利用ください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
@たまにつぶやくTwitter
@読書メーター
ピオーネの今読んでる本

ピオーネの最近読んだ本
@演劇ライフ
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。