2017/101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃじゃ馬慣らし

じゃじゃ馬慣らし

101023-2.jpg 101023-1.jpg


当日は晴天、お昼の公演だったので与野本町駅のスーパーにあるパン屋さん(←おいしい♥)でお昼ご飯を買って、劇場の敷地内のベンチでまったりと食してから観劇。
目の誘惑に操られるままドカ食いしたので観劇中に睡魔との闘いを招いてしまったノ▽`;)アホす。































原作は未読、タイトルと公演の紹介文以外内容を知らないまま観劇。
…今のご時世で深読みすると、ちょっとした問題作に見えてしまう点もあるぁ~ね。
劇中劇なのは蜷川さんの演出かと思ったら原作の通りだそうで、そこにもいろいろ深い意味が込められているとか?

個人的には、このお話はシェイクスピアがペトルーチオみたいに亭主関白になりたいなぁ(←普段は奥様の尻にs…ごにょごにょ(自粛w))」な妄想ストーリーで、別荘での調教はギャグの一種、と勝手に解釈することにするw

ま、そんなムズカシイこと考えるよりも、亀さんと筧さんのハイテンションなお芝居を素直に楽しむのが一番だったわけだが。
いや、しかし…それにしても。
ふたりが色んな意味でスゴすぎて。

まずは亀さん。
あのヒステリックさ。凶暴さ。口の減らなさ。美しさ。どれをとっても予想のはるか彼方先を行っていたぁ!
妹をグーで殴るし(((((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・グハッ!!!
凶器のマンドリン(?)がぶっ壊れる勢いでホーテンショー殴るし。
相手を黙らせる為のシャラップ的な台詞ひとつ取ってもオーラがハンパない(((゚▽゚;)))
そして、冒頭の頑ななキレキャラの時には多分、意識して押さえていたであろう気品ある美しさが時を追う毎に徐々に表に出てきて…ラストの演説の時のあの気高さですよっ!カーテンコールの時のあの麗しさですよっ!
鳥肌たったわぁぁぁ(*´ェ`*)

そして筧さん。
いやはや、あのマシンガントークな台詞の嵐。
なにかを超越しているテンション。そのテンションを最大限に表現する身体能力。
そしてそのテンションをキープしたまま、いや、さらに1歩先行ったアドリブw
(↑周りの役者さんの反応から推測w)
ナマでは初見だったので衝撃がひとしおだったぁ。

あ、あとあのコ。ビアンカ役の月川くん?
すごいすごい!さすが彩の国シェイクスピア公演オールメールシリーズにフル出演だけある。
どう観ても女の子だったΣ(゚Д゚)!声まで女の子らしくてさらに驚いたわぁ。

…というわけで、お話的には深く追求しようとすると変な方向に進んじゃいそうなので(ぇ?w)役者さんの表現力を目で観て耳で聴いて味わったところでおしまいとしておきマス。


comment

Secret

** **  ** **
ごあいさつ
twitter / _pione

当ブログのタイトルは
元気のもと
(Source of Energy)
という意味を込めたつもりが
up主まさかのスペルミスによって
『Sauce of Energy』
としてしまいました。(ドジ

でもまぁ…
間違ったスペルのタイトルも
結構気に入っているので
そのまま使ってます。
詳しくはこちらで 解説してます。


ブログ内の検索は
こちらをご利用ください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
@たまにつぶやくTwitter
@読書メーター
ピオーネの今読んでる本

ピオーネの最近読んだ本
@演劇ライフ
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。