2017/071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初☆日光 episode4 社寺めぐり前編 

前日は眠らせておいたD70を片手に朝8時出発(・∀・)ノ

100919-200.jpg


二社一寺共通拝観券を購入して、時間を気にせずじっくり見物っ☆
100919-201.jpg
↑二社一寺共通拝観券…のなれの果て(ヲイ
購入時は右側の「輪王寺三仏堂」と同じサイズのチケットがあと4枚繋がっていたんだけど、写真撮り忘れた…orz
ってか2日間有効だってもっと早く知ってたら前日ちらっと観たかも…いや、何も言うまい。
昨日は昨日で楽しかったから(*´∀`)

※ 以降、観光のお客さんにぼかしの処理加えた写真や、通りすがりの日光の人気者が写り込んでる写真が混ざりマース(`・ω・´) ノ





























100919-a.jpg

まずは①輪王寺三仏堂
こんなことになっちゃってますwww
100919-202.jpg
んまっΣΣ(゚Д゚)!立派な足場w
…じゃなくて。
三仏堂の前庭には立派な桜の木がありました。
春に来たらすっごく綺麗そう~(*´ェ`*)

お堂の入口でチケット切ってもらってうろうろしてたら、お坊さんが中を案内してくれました~。
ご本尊 阿弥陀如来、千手観音、馬頭観音は国内の木彫りの仏像としては最大級だとか。
3体一列に並んでいる姿は圧巻。

また、干支の守護仏が勢揃いしているのも三仏堂の特徴とのこと。
子・丑寅と順に観て行くと 卯(←My干支)は文殊菩薩。

あれっ?それ昨日亀さんが話してた「連獅子」がお護りしている菩薩様じゃんけ!菩薩様の下に獅子がいるっ!
なんかテンション上がり過ぎて、普段絶対手を出さないお守りとか衝動買いしちゃってるしw
100919-203.jpg
梵字が入ったシンプルなデザインが気に入ったってのもある(*´ェ`*)
ちなみに右側は相方の干支 丑年のお守り。

三仏堂の裏手に着いたのでとりあえず目の前にある②大護摩堂に入ってみる。
中は…なんかもう**明王とか七福神とか**天とか、いっぱいすぎてヽ(@∀@)ノ ww
天井の龍の絵は迫力あった~!

さてお次は③東照宮
100919-204.jpg 100919-205.jpg
今日はずずいっと奥のほうまで探検しちゃうんだぜ(・∀・)ノ

ここにもやる気満々のおっさんがひとり
100919-206.jpg

お!?
見ざる・言わざる・聞かざる発見━m9(゚∀゚)━っ!
100919-207.jpg 100919-2126.jpg
三猿の向かいに怖い象発見((( ゚ д ゚ ; )))

この門…うっとりしちゃうくらい綺麗。陽明門って言うのね。国宝かぁ…納得。
100919-208.jpg
門の左右に延びる廻廊の彫刻もいちいちすごいっ。
ぱっと目に飛び込んできたかわいい孔雀を…。
100919-2128.jpg 100919-2129.jpg

陽明門の手前にさりげなく建っているけど軒下(って言って良いのか↓ここ?)の装飾がすんごいことになってる…。これ何だ?
100919-209.jpg 100919-210.jpg
ふむふむ。なるほろ。龍ってこれのことか?
100919-211.jpg
ところで鐘楼と対になっている鼓楼の写真を撮り忘れたんだが…ノ▽`;)
これじゃ違いを観比べられんだろうが(←阿呆

気を取り直して次行ってみよ~(゚Д゚)ノ…と思ったら眠り猫を観るには別料金かかるらしい。
だがしかし!猫と聞いて引き下がるわけにはいかんだろっ!
100919-212.jpg
…というわけでチケットget。奥宮まで結構な距離と階段らしいが。
こちとら毎日通勤で汗だくになりながら坂道登ってんじゃいっ!かかってこいやぁっ!

…と息巻いて進んだら入ってすぐの門の頭上にて眠り猫発見Σ(゚Д゚)!
100919-213.jpg
ややブサカワ系(←バチあたり)のヅラ猫さん(*´∀`人)
ぐぐった画像を検証してみたところ、どうやら真正面からよりも右からちょいと角度を付けて撮ったほうがカワイく撮れるっぽい。猫写にはこだわります(`・ω・´)
しかし…眠り猫の裏にいる雀ちゃん達…撮るの忘れたぁ~ノд`)ウワァァァァァン

この門をくぐると一気に空気が締まって感じる。
晴天ではあるけれど、樹々に囲まれひんやりした空気のおかげで200段の登りも苦にならない。
途中でバチあたりなアホ写に興じる三十路女。
100919-214.jpg

100919-215.jpg 100919-216.jpg
奥宮ツイ━(・∀・)━タ!
この門の先に居る鶴&亀さん、近くで観たかったなぁ(´・ω・`)
(↑入場券に写ってる)

100919-217.jpg 100919-218.jpg
家康公のお墓

100919-219.jpg 100919-2120.jpg
「なむなむ!」←黒髪の乙女風

奥宮をぐるっと回って…登ってきた道を戻るのだ。
100919-2121.jpg 100919-2122.jpg
…ですって(^m^)和むな~看板wおっしゃる通りのんびり行きまっしょい☆
(↑入場券の裏にも書いてあったのに帰宅してから気付いた)

和むと言えば…。
寺社内のあちこちで見かける亀の甲羅によく似た石に…。
100919-2123.jpg
旅人達がおちゃめなアートを施しているw

眠り猫の居る回廊まで戻ってきたのでひと休み。
100919-2125.jpg 100919-2124.jpg
ゃ。酒好きを謳っている人間として、このアングルは押さえておかないわけにはいかないでしょう(゚Д゚)b?

さて、お次は結婚式真っ最中の祈祷殿をチラ見しつつ拝殿へ。
このあたりから人口密度がぐんと高くなってきたけど、さっすが観光客のあしらいかたを心得ていらっしゃるw
拝殿におさまる人数毎に回転良く案内されて巫女さんから説明を受けました~。
天井の100種100頭(←数え方合ってる?w)の龍の絵の作者-狩野探幽-Σ(゚Д゚)!
さっきの怖い象の作者だぁ。
ちなみに今更だけど、あの怖ぁい彫刻は狩野探幽がまだ見たことない象をイメージして造ったものなんですってね(゚Д゚)
…なら仕方ないか。(←何故上から目線
拝殿と本殿をつなぐ石の間の床は塗りたての漆がぴかぴかで、まるで水面の様に見えますよ~なんてプチ情報も教えてもらって覗きこんでみたり( 。・д・)^オオッ
そうそう。拝殿での説明を待っている間、絶賛修繕中の唐門廻りの裏側が見えたんだけど、そこの足場にごろごろしていた「UVカットまもる君」のネーミングに吹いたw
美しい色彩を長持ちさせるためにハイテク素材を利用するのね~。
一瞬、地元のヒーロ(?)都筑まもる君が脳内を過ったのは余談。

えっと、次は…④薬師堂の鳴龍。
ここも、薬師如来がご本尊だから…えーっと…お坊さん(?)が案内してくれて、鳴龍がよーく聴けるように拍子木を打ってくれた。立ち位置が違うと鳴いてくれないんですよ~。とか。
「鳴龍」で調べ物しててふと思い出したんだけど、そう言えばわが郷里「甲斐善光寺」にも…あったな。地元のことって忘れちゃいがちよね。善光寺とか…小学校の遠足以来だww
今度帰省したら相方連れて久々に行ってみるかね~。

東照宮の入口、五重塔まで戻ってきたら
100919-2127.jpg
昨夜のライトアップされた五重の塔も良かったけどやっぱり色が鮮やかでカッチョイイな。

石鳥居のすぐ脇に入って行けそうな小路発━m9(゚∀゚)━見!
100919-2130.jpg
さっきまでわんさかいた観光客がウソのようにひっそりとした雰囲気。
天邪鬼なんで、こーいうところにソソられるのよね。
100919-2131.jpg
特別公開中の「御仮殿」発見。
建物の中に入ることもできて、漆で塗られたつるつるひんやりの床が気持ち良かった~(*´∀`人)

鳥居の脇には立派な杉の木が。
100919-2132.jpg
生涯のライバルでありながらも立派な姿に敬意を表しているようだ。

comment

Secret

** **  ** **
ごあいさつ
twitter / _pione

当ブログのタイトルは
元気のもと
(Source of Energy)
という意味を込めたつもりが
up主まさかのスペルミスによって
『Sauce of Energy』
としてしまいました。(ドジ

でもまぁ…
間違ったスペルのタイトルも
結構気に入っているので
そのまま使ってます。
詳しくはこちらで 解説してます。


ブログ内の検索は
こちらをご利用ください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
@たまにつぶやくTwitter
@読書メーター
ピオーネの今読んでる本

ピオーネの最近読んだ本
@演劇ライフ
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。