2017/041 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2017/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月の読書メーター

7月の読書メーター

dokusyo07.jpg

読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2292ページ

変身 (講談社文庫)変身 (講談社文庫)
読み始めてしばらくしたところで、なんとなく後の展開が読めてしまったけど、徐々に変貌していく主人公の心の変化にぐいぐい引っ張られて読み進めた。自分の心が自分じゃなくなっていく感覚を自覚し、苦しむ…本当に起こったらそりゃ発狂するだろうな。たとえドナーが「京極」ではなく「関谷」だったとしても何らかの精神崩壊を来したんじゃないかな?背後に潜む大物達とやらの存在が研究者達のエゴを温室で育てている感じがまたリアルで不快。最後に純一が描いた絵に辛うじて救われた気分になりつつも、脳や個について考えさせられる話だった。
読了日:07月29日 著者:東野 圭吾
2009年版 環境社会検定試験(R)eco検定過去・模擬問題集2009年版 環境社会検定試験(R)eco検定過去・模擬問題集
(職場よりレンタル)1年前の検定対応用問題集なので、去年の問題が足りてないけど出題のイメージはつかめたかな~?と。去年の問題は2010年版を本屋で立ち読み(笑)あとは時事問題…。日頃のちょっとしたエコを意識する良いきっかけになった。
読了日:07月25日 著者:東京商工会議所
改訂版 環境社会検定試験eco検定公式テキスト改訂版 環境社会検定試験eco検定公式テキスト
(職場よりレンタル)1年前の検定対応用テキストだけど充分役に立ったハズ。あとは時事問題…。思いのほか楽しく読み進められた。日頃のちょっとしたエコを意識する良いきっかけになった。
読了日:07月25日 著者:東京商工会議所
海の底 (角川文庫)海の底 (角川文庫)
熱いオヤジが満載で萌えっぱなし。堂上&小牧(@図書館戦争)を彷彿させる主人公ふたりや烏丸参事官のキレ味の鋭さとかもどストライク。軍ヲタたちのチャットもリアルに居てそうに感じたな。子供たちの成長っぷりは、ベタだからこそ響くものがあった。そして「微糖」の加減に少々フラストレーションを感じつつ(←すでに有川ベタ甘中毒)「クジラの彼」に期待。
読了日:07月17日 著者:有川 浩
パラレルワ-ルド・ラブスト-リ- (講談社文庫)パラレルワ-ルド・ラブスト-リ- (講談社文庫)
初読後立て続けに再読。だいぶすっきりできた。
読了日:07月13日 著者:東野 圭吾
パラレルワ-ルド・ラブスト-リ- (講談社文庫)パラレルワ-ルド・ラブスト-リ- (講談社文庫)
記憶の改編…怖すぎる。呑み過ぎて前夜の記憶が吹っ飛んだだけでも動揺しまくりなのに。(ヲイ)初読は主人公の脳内さながら自分の読み進めた内容が大混乱。…というわけで引き続き再読で脳内整理中。初読で消化不良気味だった麻由子の心情がだいぶ読み取れるようになってきた。自分の心の醜い部分に直面することも、それをごまかしてしまうこともよくあること。そこに気付いて省みることができる人でありたい。冒頭の電車並走→ラストの会話に反応してしまったのは最近読んだ有川浩作品の影響?
読了日:07月07日 著者:東野 圭吾

読書メーター

comment

Secret

** **  ** **
ごあいさつ
twitter / _pione

当ブログのタイトルは
元気のもと
(Source of Energy)
という意味を込めたつもりが
up主まさかのスペルミスによって
『Sauce of Energy』
としてしまいました。(ドジ

でもまぁ…
間違ったスペルのタイトルも
結構気に入っているので
そのまま使ってます。
詳しくはこちらで 解説してます。


ブログ内の検索は
こちらをご利用ください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
@たまにつぶやくTwitter
@読書メーター
ピオーネの今読んでる本

ピオーネの最近読んだ本
@演劇ライフ
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。