2017/051 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TWINS 究極の飲み比べ

相方からのお誘いで呑みに行った仲町台の「地酒居酒屋 仲町台の隠れ家 夜な夜な

相方のオススメポイントは
・お酒の種類が多くて、特にめずらしい日本酒が多い
・おつまみは量がこじんまりしているけどどれも美味しい

とのこと。
なるほど、日本酒のメニューを眺めてみたら、聞いたことない銘柄ばかり( ゚ Д ゚ )!

こういう時は、インスピレーションでチョイス(・∀・)
名前の響きでなんとなーく選んだ「白瀑(しらたき)」という秋田のお酒の説明には謎のキーワード「twins」の文字。
そのすぐ上に載っている、これまた秋田の「一白水成(いっぱくすいせい)」というお酒の説明にも、これまた「twins」の文字。

20110617-1.jpg


その謎、お酒を持ってきてくれた店員さんの解説によって解け、そして一気にテンションup↑↑(・∀・)

曰く。

ふたつの銘柄は10の同条件で造られ、違いは蔵(匠)と、その蔵で使用している水のみ…という、まさに「TWINS」なお酒なのだそうな。

それ聞いたらさ…頼むでしょ。「一白水成」も(*´ェ`*)w
店員さんも心得たもので、ちゃーんと準備してくれてました(*´∀`)
瓶の写真を撮らせてもらったんだけど、照明の都合でちょっと暗くなっちゃった(^▽^;)

20110617-2.jpg


ストレートな形状のグラスのほうが白瀑で、ちょこっとくびれたグラスのほうが一白水成☆
見た目じゃさすがに違いがないw

20110617-3.jpg


業界初! 10の同条件で造られた日本酒
「TWINS 究極の飲み比べ」限定発売


両蔵が統一した10の条件
① 使用米:秋田酒こまち
② 精米歩合:55%
③ 酵母:秋田酵母No.12
④ 種麹:糀屋三佐衛門 黒判もやし
⑤ ALC度数:16度~17度(原酒)
⑥ 仕込数量:750KG
⑦ 仕込日:留日を2月3日で統一
⑧ 状態:火入瓶貯蔵
⑨ 貯蔵温度:5℃
⑩ 仕上がり本数:1800mlで各750本

グラスに注がれた2杯…とりあえず香りをチェックしてみると…
Σ(゚Д゚)!すでに違うっ!!
似てるけどちょっと違うっ!!

で、お味は…

ぜーんぜん違うっ!!!Σ・д・ノ)ノ
「白瀑」は、まったり濃厚、「一白水成」はすきっと淡麗。
個人的には一白水成が好みだけど、白瀑は女性に好まれそうなお味~(*´∀`人)

なんか、やっぱお酒って楽しい(*´∀`人)

30代も後半にさしかかって、ついうっかり呑み過ぎるとすぐ記憶ブッ飛んじゃったりするようになったけど、これからは、こうやって1杯1杯のお酒をゆっくり味わって呑むスタイルにシフトしていこうと心に決めた夜なのでしたん☆
スポンサーサイト

一升瓶x2

先日の父還暦祝旅行のお返しとのことで、実家から一升瓶が送られてきた。

110128-2.jpg

赤と白の「ぶどう酒」。…まぁワインですわ。

山梨では酒屋に行くと一升瓶のワインが普通に並んでいる。
でもって、この一升瓶のワインのことを「ぶどう酒」と呼ぶそうな…。

山梨生まれで山梨育ちだけど、この「ぶどう酒」って呼び方は身に付いていないだよね~。
んでも、響きがかわいらしいから使って行く。

ぶどう酒~(*´∀`)人(*´∀`*)イェーイ♥

一升瓶のワィ…ぶどう酒は良く見かけるけど、この「牛奥ワイン」ってのはどうもレアボトルらしい。
あまり流通しておらず、父もわざわざ塩山まで買い付けに行ってくれたみたいだ。(*´∀`人)
ぐぐってもHPとかなかったので、とりあえずワイナリーの所在地だけ。

で、早速赤を開封。
ん~。呑み口が軽い。フルーティー(*´ェ`*)♥
高級レストランでちびちびいただくワインみたいな重みとは逆方向を向いているお味というか。
普段飲みのテーブルワインのような親しみやすさなんだけど、でも薄っぺらくないって言うか。
勿体無いからさすがに1本空けちゃうような呑み方はしないで半分位とっておいてあるので、また後日呑んだら風味が変わっているカモナー(´・∀・`) b

白もまだ未開封だし、呑んだらその都度感想を追記していく予定~♪



今半でびゅう

ウチにはすき焼き鍋がない。
なのですき焼きを食べたかったらゴチってもらえそうな人に付いていく外食に頼らざるを得ない。

んだけど、すき焼きってあんま選ばないよな。近くに評判のお店も無いし。
お正月、浅草に歌舞伎を観に行く度に候補には上がるもののいっつも他の誘惑に負けてしまっていたので、ホント念願の☆なのである(^m^)

国際通り店にするかオレンジ通り店にするかも迷ったけど、寒さに負けて浅草公会堂すぐ近くのオレンジ通り店へ。


記事はさらに続きま~す(・∀・)...

初☆日光 episode2 お土産買い漁り編

亀さんの「連獅子」開演までビミョーに空いた時間をおみやげ漁りと周辺散策の時間に充ててみた。

高速の日光ICから社寺が点在するエリア入口の神橋あたりまで、なんかよく見かけたのは羊羹屋さん。
日光で美味しいモノって何だろうと前もってリサーチしたところ「湯葉」はよくヒットしたけど羊羹は知らなかったぁ。


記事はさらに続きま~す(・∀・)...

初☆日光 episode1 明治の館編

9/18(土)夜開催された楽天世界遺産劇場-第14回日光の社寺-鑑賞を兼ねて、1泊2日で日光を旅してきた(゚∀゚)!


普段、週末はプチ引きこもりがデフォルトの二人が3連休なんぞに出歩くと…簡単に渋滞に捕まる…|i|i|orz|i|i|
それにしても!朝7時出発で9時過ぎても多摩川渡れてないってどーゆーことですかノд`)
ウチのまーくん(←車)にハイテクカーナビを搭載していたら避けられたのか!?今時紙ベースの地図頼りとか原始的すぎるのか?(ちょっとケータイに頼ったけど)
結局事故渋滞3件(+空いてる所でも1件見かけた)に弄ばれて、日光に到着したのは14:30頃www

1日目に予定していた神社&寺めぐりは翌日にまわして、萎えたテンションを回復すべく、ちょっと贅沢な遅めのランチタイム。
ロックオンされたターゲットはこちら。

西洋料理 明治の館
100919-101.jpg 100919-102.jpg

石造りのカッチョいい外観にうっとり♥…日本コロンビアの前身をつくり蓄音機の父と呼ばれたアメリカ人、F.W.ホーンの別荘として建てられたもので国指定文化財に指定されているらしい。
店内の席は厨房がある方向以外の3方の窓から緑が安らぎを与えてくれるカンジ。控えめな暖炉や店内の装飾も「いかにも」感がなくて、変に気後れせずにゆったり落ち着ける雰囲気。
ただ、トイレに行く時通過する扉がゴツくて少々ビビったww
お店の外にはテラス席もあって、丁度良い天気だったから3時のおやつ目的だったらそっちに通してもらうのも良かったかもな~。

ま、腹減り過ぎてどうにかなってしまいそうになってたふたりは、こんな時でなきゃやらない超ぜいたくなオーダーでがっつり堪能してきたさ(*´ェ`*)♥


記事はさらに続きま~す(・∀・)...

** **  ** **
ごあいさつ
twitter / _pione

当ブログのタイトルは
元気のもと
(Source of Energy)
という意味を込めたつもりが
up主まさかのスペルミスによって
『Sauce of Energy』
としてしまいました。(ドジ

でもまぁ…
間違ったスペルのタイトルも
結構気に入っているので
そのまま使ってます。
詳しくはこちらで 解説してます。


ブログ内の検索は
こちらをご利用ください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
@たまにつぶやくTwitter
@読書メーター
ピオーネの今読んでる本

ピオーネの最近読んだ本
@演劇ライフ
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。